Skip to content

なんでいつもこんなに眠いの?眠気の原因って?


眠気の原因は人それぞれ
夜ゆっくり休んでも日中眠くて仕方ないという悩みというのは、それぞれの生活習慣、ライフスタイルによって原因が様々違います。運動不足、精神的なストレス、睡眠の質や寝る前の習慣などあらゆる原因が考えられますので、症状を改善させるためにはどこに問題があるのかをきちんと突き止める必要があります。思い当たる点があれば一つ一つ改善していく必要がありますが、睡眠時無呼吸症候群などの場合には個人の努力では改善を図ることは難しく、病院できちんと治療を受ける必要があります。日中の眠気は単なる睡眠不足と甘く考えてしまうことも多いですが、ケースによっては命に関わることもありますから、異常なほどにいつも眠気に悩まされるという人の場合には、これを放っておかずきちんと症状と向き合って改善を図っていかなければなりません。

睡眠外来に相談をしてみよう
眠気というのはこれ自体が大変な病気というわけではありませんから、日中睡魔に襲われても何かしらの手段でやり過ごし、乗り越えてしまうことがほとんどでしょう。しかし睡眠時間が足りないというわけでも無いのに継続して眠気に悩まされ続けるという場合には、身体のどこかに問題があることも考えられますので、きちんと改善に努めていかなければなりません。自分でできることに努めても眠気の悩みが解決しないという場合には、睡眠外来に相談をするのが一番です。医学的な観点からなぜ眠気が収まらないのかという原因を探ってもらうことができますから、特に日中の深刻な眠気に悩む人はとても有意義な利用ができます。根本的な原因の解決を図り、睡眠の質を高めると眠気に悩まされることもなくなりますから、何をしてもダメという人は足を運んでみてください。

ちょっとした心がけや工夫でも改善は可能
常に眠気に襲われ続けていたとしても、必ずしも何かしらの病気を抱えているとは限りません。生活習慣に原因がある場合はこれを改めるだけでも症状は劇的に改善しますし、また眠気に襲われた場合でも対処法を実践することで難なく睡魔を乗り切れてしまうこともあります。日中の深刻な眠気については睡眠外来はとても頼りになる存在ですが、これはあくまでも最後の砦であり、まずは自分でできることを行っていく必要があります。日中の行動、睡眠前の習慣、質の高い眠りにつくための準備などを実践することで改善される眠気は多々ありますし、大半の人はこういった努力を行うことで気持ちよく日々を過ごせるようになりますから、まずは改善できるべき点について考え直してみましょう。

ツボ押し、ストレッチ、カフェインの効果を心得ておこう
日中眠気に襲われた場合、仮眠を取れれば良いですが、なかなかそういうわけにもいかな人がほとんどです。何とかして襲い来る睡魔を乗り越えなければなりませんが、そういった場合にはツボ押し、ストレッチ、カフェインが良い効果をもたらしてくれるので、これらでの対処法を心得ておきましょう。眠気に襲われてからはもちろん、気がついた時に予め行っておくことで、眠くなること無く日中を過ごすことができるようになります。またこれらの方法は眠気を解消するだけでは無く、気持ちをリフレッシュさせ仕事や作業の効率を上げる効果ももたらしてくれます。仕事中に眠気に襲われて困るという人の場合、頭をシャキッとさせ能率アップも行えますから一石二鳥でしょう。適切な実践方法を知っているのといないのでは眠気の辛さやストレスが全く違ってきますから、上手に実践していけるよう努めてみてください。ツボ押し、ストレッチなどは手で行うのはもちろん道具などを利用するとより効率良く行えますので、便利グッズを活用するのも良いでしょう。ただしこれらの方法はあくまでも一時的な対処方法ですから、実践すると同時に、なぜ眠気に悩まされるのか、その原因を突き止め改善していく努力も行っていく必要があるということを忘れてはなりません。